ご案内

不動産投資をして失敗した人もいれば成功した人もいます。
この違いはどのようなところから生じるのでしょうか。


簡単にこれがわかれば良いのですが、なかなか簡単にはわからないでしょう。

ただ、多くの人について言えるのが資産とキャッシュを混同して考えていることです。

実際に不動産投資として経営を続けていくためには、資金繰りがもっとも大変な事だと考えられます。

様々な頭金0円で不動産投資|不動産投資なら実績1位の東証上場シノケンハーモニー情報の差に驚きました。

賃料収入から様々な経費を支払い、そしてローンを返済して手元に残った資金は将来の修繕のために一部を積み立てるということを行っていく必要があります。ですから、実際に自由にする事のできるお金はあまりないのが現状です。


それにもかかわらず、賃料収入でローンを返済していけば負債が減少しますから、純資産は増えていくことになります。ですから、どこかが間違っている人であっても間違っていることに気がつきにくいという傾向はあります。
それが積み重なって、いつの間にか資金繰りがうまくいかないことになってしまうこともあり得るのです。



そうならないようにするためには、資金に余裕を持っておくことが必要です。



サラリーマンをしながら不動産投資をして失敗する人は多くいるようですが、やはり失敗した理由の一つとして資金力が挙げられます。長期的にみれば保有しておいたほうが良いのですが、資金が不足して保有できない場合もあります。

ぎりぎりの資金計画や収支計画を立てていると資金繰りに苦しんで物件を手放さなければならない場合もありますから、資金には余裕を持っておく必要があります。